生活面での人生設計の基本的なモデル

日常生活で重要なもののひとつが健康です。

日常生活での健康管理と食べ物

生活面での人生設計の基本的なモデル 日常生活で重要なもののひとつが健康です。とくに年齢が増していくにしたがって健康に対しての興味も増してきます。老化を感じたり、体の具合が悪くなったり、メタボでお腹が出てきたりするからです。持病などが悪化する場合もあります。日常生活での健康管理の柱は食事と運動と睡眠です。これらのバランスが良いと健康になりやすくなるということになります。その中でも注意したいのが食事です。働いているサラリーパーソンの場合には、外食や飲み会などのお付き合いがあるので、食生活も不規則になります。その原因になるのが栄養の摂りすぎや、酒の飲みすぎ等の暴飲暴食です。自分では暴飲暴食と考えていない場合でも、外食は美味しい料理ばかりなので高カロリーでもかまわずに毎日食べてしまいます。

それが毎日ではメタボになるのも当然です。ストレスも半端ではないので、ストレス解消で飲食にお金をあけてしまいます。昼食などでも価格が安いのに、非常に美味しいということで、毎日食べてしまいます。ですので、どこかでその習慣を止めて、健全な食生活の習慣に戻す必要があります。これがなかなか難しいのですが、基礎代謝の関係からも、年齢を考えて食生活をより健全にするということが必要になります。仕事以上に待ったなしの対応が必要です。
Copyright (C)2019生活面での人生設計の基本的なモデル.All rights reserved.