生活面での人生設計の基本的なモデル

日常生活ではお金がないと生きてはいけないということですが、そのお金も使い方のセンスもあります。

日常生活でのお金のセンス

生活面での人生設計の基本的なモデル 日常生活ではお金がないと生きてはいけないということですが、そのお金も使い方のセンスもあります。生きたお金の使い方、死んだお金の使い方などという話もあります。お金自体は物ですから生きているわけはないのですが、使っている人のセンスがあるということになります。それは大金であっても、少額のお金であっても同じです。少額のお金を活かすことが出来なければ、大金も失いやすくなります。持っているお金ではなく、お金のセンスや意味するところ、また、自分がどのように日常生活で使うことができているのかなどや知識として理解しているかどうかなども重要です。生涯年収とういう話題もありますが、そこで足りないのが使い方のセンスです。例えば収入が多くても浪費に使ってしまうとか、退職金を投資に使いすべて失うとかの話もあります。

反対に少額のお金を積み上げて、大きな資産にした人の話も時々聞きます。それらを総合して考えてみると、収入の額ではなく、お金の価値や使い方などのセンスによって、資産はできてくるのではないかということを感じます。日常生活で利用しているお金にもノウハウやコツがあり、性質があり、それらを自分の個性や環境、癖などを理解して活用できた人が、最終的には資産を大きくできるということになります。そこには運もありますが、運も実力のうちということもあるので、それを含めての結果になります。
Copyright (C)2019生活面での人生設計の基本的なモデル.All rights reserved.